真・ビリーの世界

アクセスカウンタ

zoom RSS お別れ

<<   作成日時 : 2016/11/22 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ビリーが亡くなる10日前、気温が上がり
いい天気だったので、久しぶりにカートで散歩しました。

画像


ビリーは元気がなく、カートの中でも寝ているようだったので、
すぐ近くを少しだけ散歩して帰ろうとしていたら、
ビリーが子犬の頃からかわいがってくれた人たちに
次から次に会いました。
中には滅多に会わない人までいて、ビリーがお別れしている
のかな?なんて思っていました。

画像


それからあまり調子のよくない日が続き、
最期は静かに逝きました。
多分、誤嚥性肺炎だったと思います。
これについてはまた、別に書くつもりです。

画像


一頻り泣いた後、母と一緒にビリーをお風呂に入れ、
ドライヤーで乾かしてから、耳掃除をして爪を切ってやりました。
亡くなったとき、ビリーは目をパッチリ開けていたので、
どうやって閉めるのか調べて、目の下のお肉を上に持ち上げる
という方法で、何とか閉まりました。
(他の方法もあるようです。)
すでに朝になっていましたが、ビリーのそばで
少し寝ました。

画像


起きてからは霊園の予約を取り、買い物に行ったり、
お棺に入れる物を準備したりと忙しかったです。
特にビリーが入る特大の段ボール箱を探すのが大変でした。
なかなか見つからなくて、入りそうな(段ボール以外の)箱を
いくつも買って、最後に行ったお店でちょうどいいサイズの
段ボールを見つけました
お棺ごと火葬すると思っていたら、霊園に着いてすぐに
箱から出すことになっていたし…よく聞けばよかった

画像


この日もビリーを囲むように、ソファで寝ました。
ビリーもただ眠っているように見えました。


ビリーに持たせたごはんです。
もう何でも食べられるよね

画像


ごはんのほかに、果物、お菓子、好きだったおもちゃと
服、写真など思いつくまま入れていたら、入れ過ぎました
(霊園の人がびっくりしていました

画像


近所の人にお別れに来てもらって、家を出ました。
最後のお出かけです。

画像


我が家のお墓がある霊園なので、ビリーも何度も
来たところです。
どこを通っても、ビリーと一緒だったことを思い出して、
辛いですね。

画像


いくつか燃やせないものがありましたが、
綺麗に飾ってもらいました。

画像


画像


ビリーのお骨は、頭が割れずにしっかり残っていました。
歯も16歳という年齢なのに全部揃っていて珍しいと
霊園の人に言われました。
でも、背骨や骨盤はかなり脆くなっていたみたいです。
頭を割らずにそのまま骨壺に入れられないかとみんなで
頑張ったのですが、大きな頭は入らず、結局、割って
全部の骨を入れて持ち帰りました。

帰りに父と祖母のところに寄りました。
ビリーはここに来るのがなぜか好きでしたね〜

画像


お墓をどうするかは、まだ決めていないけど、
しばらくは家にいてもらいます。
ビリーの四十九日は来年の元日だそうです。


次の日、ジュジュママさんからお花と荷物が届きました。
生前のビリーに大好きなじゃがいもを送ってくださったのですが、
食べさせることができず残念です。
でも、お供えしてるから、ビリーはきっと食べていると思います。
本当にありがとうございました

画像


お花も沢山いただいて驚いています。
ビリーはほんとに幸せ者です!
賑やかになって、ビリーも喜んでいるでしょう。
花も食べるほど、大好きでした。

画像


わたしたちも綺麗なお花に癒されています。
お花を送ってくださった皆様、ありがとうございました

画像


お花以外にも、心のこもったものをいただき、感謝しています。
それから、心配して何度もメールをくださったり、コメントを
書いてくださったり、ビリーのために泣いてくださった皆様、
ありがとうございました。
改めてお礼申し上げます!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ビリーくん、ありがとう! お疲れさまでした。
長いー闘病生活も負けず! 本当に偉い!です〜
でも、さとみさん、お母さまの心づくしの介護、
励まし!で。「ボクも頑張ろう〜」とガンバリましたね。
ビリーくんも母(10/27)同じ、誤嚥性肺炎とは、食べれないことは、
母も食いしんぼうだったから。朝晩、「ゴハン、お水、沢山食べて飲んで!」と供えてます。
今は、まだ、信じれないですが、お母さまとムリせず、少しゆっくりなさってくださいね
ゴンりんママ
2016/11/22 08:29
>ゴンりんママさん
ありがとうございます。
ビリーはほんと、よく頑張りました。
思い返したら、14歳を過ぎた頃から色んな不調で苦みましたが、何もしてやれないことが多かったです。
でも、介護することができ、最期までそばにいられたことはよかったです。
ゴンりんママさんも大変でしたね。
そんなときにわたしたちの心配をしてくださって、感謝しています。今日もありがとうございました。
お母様も食べるのが大好きだったんですね。
今はきっと何でも召し上がってますね
さとみ
2016/11/23 15:28
ビリー君の事がずっと気になっていたので詳しいアップがあって嬉しいです。お風呂に入って弁当も作ってもらって写真もおもちゃも準備万端で旅立ったのですね。お二人にはとても感心します。本当に幸せものですね。ビリー君は。バウが死んだ時の事を思い出しました。私は放心状態で何もしないで見送ってしまいました。私は少しおかしくなっていてバウのお骨を一週間抱いて寝ました。7日目の朝ワン!というバウの声で目覚めました。さようなら 行くよ!って事だったのかと思います。不思議です。ビリー君の最後の散歩でもたくさんの人に会ったのですね。不思議ですよね。お別れだったのかな?ビリー君最期は随分小さくなりましたね。悲しさが増します。たくさん頑張りましたね。少しでも長く智美さんとお母様と居たかったから頑張ったような気がします。寿命だとわかっていても淋しいですね。
ビリー君ブログでのたくさんの思い出をありがとう。どうぞ安らかに眠ってくださいね。
智美さん お母様 お疲れ様です。
それと自分の事も書いてしまい支離滅裂文章でごめんなさい。悲しくてまとまりません。
(バウも頭蓋骨が焼けなく骨壷に入らなかったです。ブルテリアの頭は硬いですね)
ジュジュママ
2016/11/24 01:45
>ジュジュママさん
心のこもったコメント、ありがとうございます!
わたしも先代犬は何もせずに見送ってしまいました。
それも夏の暑いときで、かなり酷い状態だったので、亡くなって数時間で連れて行ってしまって、すごく後悔しました。
それでビリーはちゃんと送ってやろうと思っていました。
バウ君もそれほど愛されて幸せでしたね。
ママにお別れとありがとうって言ったのかもしれませんね。
ビリーが亡くなってから、不思議なことや縁を感じる出来事が多いです。
バウ君も頭がしっかり残ったんですね。割れてしまう子の方が多いらしいです。さすがブルテリアですね。
ビリーのお骨はせっかく足から順番に入れていたのに、頭を入れようと隙間を作っているうちに滅茶苦茶になってしまいました頭も割ることになったし…ごめんね、ビリー。そんなところもうちの家族らしくておかしかったです。
亡くなったときのことを書くと、思い出して悲しい思いをされる方がいらっしゃるかもと思ったのですが、ここまで続けてきたので、最後までしっかり書いてやりたいと思っています。あと少しお付き合いいただけると嬉しいです
さとみ
2016/11/24 23:31
少し時間が経ちましたが大丈夫でしょうか?私はかなりペットロス状態がひどく電信柱にぶつかったりお風呂でたおれたり自転車で転んだり
ペットショップでブルテリアを買いもしないのに抱っこさせてもらい徘徊してたので
智美さんも少し落ち着いたと思うので逆に心配です。バウの頭は怖くて割れず骨壷なしの箱だけに入ってますよ。私の隣で寝ています。
ビリーくんのブログはもう少し続くのですね。
参考にもなるし興味深いので楽しみにしています。もしかして新しいブルテリアなんて事もあるかもしれないですか?すぐ飼う人と多いと聞いています。しかも四九日が元旦なんてなんかビリー君らしくないですか?
ジュジュママ
2016/11/26 02:34
>ジュジュママさん
ご心配いただいて本当にありがとうございます。
ジュジュママさんもペットロスが酷かったんですね!
わたしも先代犬のときは酷かったので、ビリーがいなくなったら絶対になると思っていたのですが、今のところ大丈夫のようです。
多分、天寿を全うしてくれたからなのかな?いなくなったのは悲しくて寂しいけど、それ以上にビリーがもう苦しむことがなくてよかったという気持ちの方が大きいです。
それに、皆さんからいただいたメッセージのおかげで心が軽くなりました。羊毛フェルトのビリーたちにも癒されています
新しいブルテリアはないですね。やらなきゃいけないことが沢山あるし、ビリーのおかげでやりたいこともできたので、はしばらく飼わないつもりです。
元旦と聞いて、ビリーらしいと思いました。月命日は父と祖母のちょうど真ん中だし、16歳3ヶ月19日というのも、16+3=19で覚えやすい!ほんとビリーらしいです
さとみ
2016/11/27 17:02
こんにちは。
さとみママさん、元気ですか?
ビリー君、最後にお散歩してみんなに会えて良かったですね。お風呂にも入れてもらって、息子さんを送り出すように人と同じように見送ってもらってビリー君、最後の最後まで本当に幸せですね。
写真からは、眠っているようですね。
さとみママさんが少し落ち着いて生活出来ているのは、ビリー君が16歳3か月という天寿を全うしたこと・・・さとみままさんがやりきったことなのかな。
あたしもそんな気持ちで送りたいです。
ビリー君、さとみママさんに出逢えて、ジュジュママに感謝です。
ビリー君、お兄ちゃんが行くまで楽しいところいっぱい行って、お兄ちゃんに案内してねって伝えて下さい。
さとみママさん、お母様、風邪など引きませんように。
ブルースママ
2016/11/28 11:09
こんにちは
毎日伺っていましたが 途中まで書いていつも書き込めないでいました

きっとビリー君もさとみさんとお母様のそばで 「楽しかったよ〜」と笑ってくれていると思います

ミントの時思いましたが 「家に来て幸せだったのかな〜?」と・・  その答えはわかりませんが出会えて最後まで面倒見れたことに感謝してフェンネルと過ごしています(ミントに比べるとだいぶ扱いが雑な気がしますが‥)

寒くなって来ましたね 風邪など引かないように気を付けてくださいね
ミンフェンママ
2016/11/29 11:48
>ブルースママさん
こんばんは。
コメントありがとうございます!元気です
ビリーの最後の散歩のとき、これが最後になるとは思っていなかったのですが、皆さんにいっぱい撫でてもらってよかったです。ビリーも嬉しかったと思います。
亡くなったときは後悔だらけだったので、せめて送り出すときはと、できるだけのことをしました。
1年以上、ビリー中心の生活だったから、いなくなったらおかしくなるんじゃないかと思っていたんですけど…有難いことに長生きすることができ、頑張り過ぎなくらいビリーが頑張ってくれたおかげかな?どんなに悲しくても、これ以上、生きるのは無理だったし、もう苦しまなくていいと思ってしまいます。
ビリーに伝えますね。
でも、ブルース兄さんはゆっくり来てくださいね。
さとみ
2016/11/30 02:52
>ミンフェンママさん
こんばんは。
毎日来てくださってありがとうございます

時々、まだそばにいるような気がするときがあります。
笑ってくれていたらいいなぁ。。

「家に来て幸せだったのか?」ってやっぱり自問しますよね。わたしは幸せだったけど、ビリーはどうだったのかな?と思います。
ミントちゃんはきっと幸せだったと言うんじゃないかな?
ブログで見るミントちゃんは、大切にされていつも幸せそうでした。(フェンネル君も楽しそうです!)
出会えて最後までいられたことには本当に感謝ですね。
さとみ
2016/11/30 03:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
お別れ 真・ビリーの世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる